お気に入り
はじめに


初めてご訪問されたかたは、まずは自己紹介がわりにこちらをご覧ください。

このような粗雑なブログにご訪問いただき、誠にありがとうございました。
少しでもお気に召しましたら、応援していただけると励みになります。
  ブログランキングならblogram 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

もちろん、読み逃げだけでも大歓迎!!
Top > スポンサー広告 > シュイーンシュイーンと延暦寺 お出かけ日記 > シュイーンシュイーンと延暦寺

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

励みになりますので応援していただけると幸いです。
  ブログランキングならblogram 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

ご訪問いただき、誠にありがとうございました。

シュイーンシュイーンと延暦寺  

いつもの阿呆な雰囲気と違って、
昨日の記事は少し・・・湿っぽい?暗め?な感じでした。

さあ、今日からは元気にぃ・・・
といきたいところですが、
あ、まあ、別に湿っぽい話じゃないですが、
せっかく来たんだからということで、
延暦寺を少し回ってきたので、
今日はその話を。

回ってきたというか、
うち、御朱印帳を持っておりまして、
あちこちにお参りすると御朱印をいただいているので、
延暦寺の御朱印ツアーとなったわけです。


ちなみに、延暦寺というのは、いくつものお堂の集合体で、
延暦寺という本堂があるわけではありません。


私たちがお参りした阿弥陀堂の横にある、
法華総持院東塔。
延暦寺 法華総持院東塔


大講堂。
延暦寺 大講堂

大講堂の横にある鐘楼。
延暦寺 大講堂の鐘楼

つかせていただきました。



延暦寺の境内に、牛さんがいました。
この牛さん、なんか可愛い。
延暦寺 元三大師
実はこれ、元三大師という昔のお坊さんが、
厄除けとして・・・説明が面倒なので、以下省略。


みなさんおなじみ、根本中堂。
延暦寺 根本中堂

時間がなかったので、中には入りませんでした。(^_^;)
延暦寺 根本中堂


文殊楼。
延暦寺 文殊楼


大黒堂。
延暦寺 大黒堂

大黒堂の摩尼車です。
永代供養のお金が貯められるよう、願いを込めて回しました。
延暦寺 大黒堂 摩尼車


萬拝堂。
延暦寺 萬拝堂


この日だけで、御朱印が7つも増えました。\(^o^)/
ぶっちゃけ、御朱印帳なんて年寄りくさいと思ってましたが、
スタンプラリーみたいで楽しいし、記念にもなるから、
御朱印帳をやりだして良かったです。
年寄りくさいなどと浅はかな考えだったこと、
ここに深くお詫びいたします。m(_ _)m

延暦寺には、まだまだお堂がいくつもあるので、
これから何度か訪れるつもりでおります。
まあ、亡き母の位牌がおさめてあることですし、
どのみちこれから何度もお参りに来ますからね。
延暦寺の御朱印コンプリートも、そう遠い話ではないでしょう。( ̄ー ̄)ニヤリ


おまけ
延暦寺から見た景色。
見るからに霊峰っぽいでんがなまんがな。
比叡山
関連記事

励みになりますので応援していただけると幸いです。
  ブログランキングならblogram 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

ご訪問いただき、誠にありがとうございました。
素晴らしい写真ですね。素敵だと思います。
こんばんは
懐かしい。。。!比叡山延暦寺。
ここ、小学校6年になる直前の家族旅行で行ったところです。両親と祖母と私の四人。掲載のお写真を見て鮮やかに思い出しています。
そういえば、父がここのとある場所で写真を撮ったのですがふっと気がつけば「撮影禁止」の看板が(-_-;)!皆で思わず笑ってしまったことでした。
うつっちさんへ
はじめまして

お褒めの言葉をいただきまして、ありがとうございます。
私の写真技術がどうとかではなく、
延暦寺の建築物に、なんともうしましょうか、
独特の素晴らしい雰囲気があるおかげだと思います。
見張り員さんへ
お忙しい中、コメントありがとうございます。

見張り員さんも、行かれたことがあるんですね。
私は、高校生の時に社会見学で行って、座禅をくまされた覚えがあります。
それがどこの建物だったのかは、覚えてないんですが・・・。(根本中堂だったのかなあ・・・)
仰るとおり、延暦寺は撮影禁止の看板があちこちにありまして、
お堂の中はたいてい撮影禁止ですね。
まあ、あのお堂の中の独特の雰囲気は、
とうてい写真に収められるものではないでしょうけれど。
機会があれば、今度は娘さんたちと行かれてはどうでしょうか。

コメントの投稿

落ち着くまでの間、コメント欄を承認制にさせていただきますので、画面上に反映されるまでしばらくお待ちください。
また、心身の調子が悪くてコメントのお返事ができないことが多々ありますので、ご容赦のほどお願い致します。詳しくは→こちら

プロフィール
かきのたね はづち(柿之種羽槌)
著作者:かきのたね はづち
(柿之種羽槌)
詳しくは→こちらをごらんください




いらっしゃいませ
↑クリックして「足あと(訪問履歴)」を残しておいていただければ、後ほど訪問致します。
リンク集
交流がない方からの相互リンクはお断りしておりますので、ご理解の程よろしくお願い致します。
一般用小
楽天で探す
楽天市場



忍者AdMax


フリーエリア
検索フォーム
ブログパーツ
自分用小



楽天で探す
楽天市場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。